2/28 2月最後の日

標準

またもやベトナム料理を食べてしまいました。

生徒さんでTTに興味がありお話をしたいということだったのですが、
お腹が空いていたのでご飯食べながらでどうですか?と聞いたら
OKだったので 一緒にご飯を食べながらTTについて説明しました
(ドイツからは今年6人ぐらいTTに行きそうです)

食べにいったのはクロイツバーグ近くのベトナム料理
ミス・サイゴン!

Miss Saigon - Original südvietnamesische KücheMiss Saigon – Original südvietnamesische Küche

結構有名なベトナム料理屋さんだとか。

2013 02 28 13 44 58 HDR

まずは揚げワンタンみたいな物を食べて

2013 02 28 13 48 39 HDR

ベジスープ

2013 02 28 13 56 59 HDR

タコライスのアジアン仕様みたいな味でした。
美味しいのですがうーん。
そこまで好きではなかったかもしれません。

2013 02 28 14 38 54 HDR

一緒にレストランに入ったトニー君。
ベルリンでは犬がレストランに入るのもOKなんです。
トニー君は人懐っこい感じで、本当にパートナーという感じで分かり合っていました。

デザートがあんまり惹かれる物がなかったので違うカフェに行ってクッキーをゲットしました。

2013 02 28 15 50 34 HDR

そんな一日でした。

残りはスナップです。

ストリート・アート

2013 02 28 08 28 37

ドイツ人と韓国人のハーフのスジンさんが持っていたケリーバッグのプリント版みたいなオモシロイバッグ。

2013 02 28 13 00 24 HDR

そして見かけた時にすぐ写真を撮ったピンクリムジンです。

2013 02 28 16 59 52

広告

tomo について

ジヴァムクティヨガ アドバンスティーチャー。 1980年生まれ。 韓国にて役者として活動していたころ、はじめてヨガを体験し、2006年ジュールス・フェブレとの出会いによって本格的にジヴァムクティヨガへの道へ。 以降、食生活だけではなく、ライフスタイルを完全に厳格な菜食主義に変えヨガの学びをさらに深く掘り下げていく。ジヴァムクティヨガの創設者、シャロン・ギャノン師とデービッド・ライフ師のもとで学び、2009年にジヴァムクティ・ティーチャートレーニングを卒業。毎年、数か月間をNYのシヴァムクティヨガセンターにて学び、数少ないシニアティーチャーであるルース師の教えの下でヨガの学びを追及し続けている。2011年にジヴァムクティヨガ アドバンスティチャーの認定を受け、現在は世界各地でヨガを指導。 日本人の父と韓国人の母をもち、幼少期より日本、韓国、アメリカで生活をした経験から3か国語を操り「ヨガ通訳」としても活躍。 海外の講師のワークショップをはじめ、ケンハラクマ、chamaなどの日本人講師の海外での活動もサポートしている。ヨガの普及を目的とした組織「Satsang Events」を立ち上げ、世界の講師のワークショップを企画・運営する活動も行う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中