Janmashtami!!!

標準

今日はクリシュナが世に現れた日と言われています。

そんな特別な神聖な日に始まったクラス
シャロン先生が挨拶をし、始まろうとしたら
ルース先生を前に呼び、バガヴァット・ギーターの3.21を歌ってもらいました。
(興味が有る人はチェックしてみてくださいね)
A great person leads by example, setting standards that are followed by others all over the world. 

Jivamukti Yogaの解釈、英訳を載せてみました。

うーん。久々に聞くルース先生の歌声
素敵だなぁー
(11月、日本に来ますので彼女の歌声を生で聞いてください!!!)

最近シャロン先生のクラスはバックベンドが多いです。
今月のテーマとの関わりかと勝手に思っています。

鹿

スタジオに近づいて、逃げていった鹿

クラス後のカンファレンスで今日は断食をする日だとシャロン先生に
言われたので久しくやってない断食しました。
(食いしん坊なのに。。。)

今夜はイベントがあるんです。
ちょっとウキウキしながら仕事をしてました。

夕方ーーー
Rama先生率いるJAISのキルタンを見にきました。

Rama先生はRamaと呼ばれる前にはJeffery先生と呼ばれていて
自分が参加したTTのメンターなんですーー(ビッケ風)

キルタン

レビュー風
昨日加入したバイオリニストを加えた5人体制になったJAIS
男臭いキルタンが2012年のキルタンシーンに新しいジャンルを築いていくのではないだろうか
Rama率いるJaisはアメリカ中部のロック・アンド・ロール
を神聖な物とフュージョンさせたすごいかっこいいバンドだ

本当に楽しかったです。

それじゃ寝ます
お腹なってます

ぐーーー
ぐーーーー
ぐーーーーー

広告

tomo について

ジヴァムクティヨガ アドバンスティーチャー。 1980年生まれ。 韓国にて役者として活動していたころ、はじめてヨガを体験し、2006年ジュールス・フェブレとの出会いによって本格的にジヴァムクティヨガへの道へ。 以降、食生活だけではなく、ライフスタイルを完全に厳格な菜食主義に変えヨガの学びをさらに深く掘り下げていく。ジヴァムクティヨガの創設者、シャロン・ギャノン師とデービッド・ライフ師のもとで学び、2009年にジヴァムクティ・ティーチャートレーニングを卒業。毎年、数か月間をNYのシヴァムクティヨガセンターにて学び、数少ないシニアティーチャーであるルース師の教えの下でヨガの学びを追及し続けている。2011年にジヴァムクティヨガ アドバンスティチャーの認定を受け、現在は世界各地でヨガを指導。 日本人の父と韓国人の母をもち、幼少期より日本、韓国、アメリカで生活をした経験から3か国語を操り「ヨガ通訳」としても活躍。 海外の講師のワークショップをはじめ、ケンハラクマ、chamaなどの日本人講師の海外での活動もサポートしている。ヨガの普及を目的とした組織「Satsang Events」を立ち上げ、世界の講師のワークショップを企画・運営する活動も行う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中