寒天ゼリーの約束

標準

ほぼ毎週といっていいほど、僕は青山で開催しているファーマーズマーケットで買い物をします。
土曜と日曜の楽しみであり、ほぼ2−3年ぐらい続いていて、心がウキウキする時間と言っても過言ではない?!

直接生産者だったり、販売者とやりとりをするファーマーズ・マーケットでは同じお店が出てくることが多く、
毎週通っていると顔を覚えてくれたり、おまけをくれたりします。スーパーとは違った 昔ながらの買い物と
言えばよいのでしょうか?

みんな素敵な出店者なんですが、その中でも僕が好きな出店者が何店かあります
その一つ、松本ヒロシさんがやっているお店!ここは結構好きで毎週何かしら財布からお金を出してしまうんです。
冬は柑橘系を主に販売して、夏は変わり種を少しもってきたりする関西弁のノリの良いオジサン。

そんなオジサンに先週オレンジを購入した際にデザートを作ると約束したので
夏によさ気な寒天ゼリーを作ってみました
(通常のゼリーだとゼラチンがあるのでVeganではないのです。注:ゼラチンは動物の脊髄から作られたりします)

2016 08 12 12 36 25

喜んで貰えると良いのですが。

自分の為に何かを作るのと
他人の為に何かを作るのと味が違うので

今晩何かを作るときには誰かの為に作るか
想い人の為に作ってみたらいかがでしょうか?

はあと

広告

tomo について

ジヴァムクティヨガ アドバンスティーチャー。 1980年生まれ。 韓国にて役者として活動していたころ、はじめてヨガを体験し、2006年ジュールス・フェブレとの出会いによって本格的にジヴァムクティヨガへの道へ。 以降、食生活だけではなく、ライフスタイルを完全に厳格な菜食主義に変えヨガの学びをさらに深く掘り下げていく。ジヴァムクティヨガの創設者、シャロン・ギャノン師とデービッド・ライフ師のもとで学び、2009年にジヴァムクティ・ティーチャートレーニングを卒業。毎年、数か月間をNYのシヴァムクティヨガセンターにて学び、数少ないシニアティーチャーであるルース師の教えの下でヨガの学びを追及し続けている。2011年にジヴァムクティヨガ アドバンスティチャーの認定を受け、現在は世界各地でヨガを指導。 日本人の父と韓国人の母をもち、幼少期より日本、韓国、アメリカで生活をした経験から3か国語を操り「ヨガ通訳」としても活躍。 海外の講師のワークショップをはじめ、ケンハラクマ、chamaなどの日本人講師の海外での活動もサポートしている。ヨガの普及を目的とした組織「Satsang Events」を立ち上げ、世界の講師のワークショップを企画・運営する活動も行う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中