4/14 最後の最後。最初で最後のWSで〆ました。

標準

今日はオープンクラスは無くWS一本だけです。
WSのタイトルはJoining of the Opposite Forces.
力と柔軟性の融合をテーマにしたWS。

ヨガを教えて経験を積めば積むほどWSの重みを良く感じたりします。
WSだけではなくクラス一つの重みを感じたり。
一つ一つのクラスが リピートじゃなくてちゃんと向き合ってるのか
常にチェックしないといけないと思ったりする。
アドバンスのタイトルをもらってもまだ🌱マーク付いてる感じとでも言えばいいかなぁ。

まだまだ頑張らないと。

今日のクラスに応援者が!!

2013 04 14 13 11 07

アンニャ先生とサミー!

2013 04 14 13 20 43

今日のWSはトランジションポーズの重要性も含めたテーマになり
あっという間に3時間が過ぎてしまいました。

そして写真を忘れてしまいました。
てへ

でも少しでも役にたてばいいな〜

2013 04 14 17 21 10 HDR

サミーと少し戯れて

1回目の夕食

2013 04 14 18 04 10 HDR

ドーサ!!!

久々に食べたドーサ!

ベルリンに来なかったらインドに行ってて毎日食べてたはずのドーサ!

電車!

2013 04 14 18 55 13 HDR

そして先生達と一緒に夕飯を食べにいきました。

2013 04 14 20 24 36

エスター先生にドリンクを注いでいます。

2013 04 14 20 39 24

サラダを頼み

皆に感謝の気持ちを述べ

月を見て

2013 04 14 21 34 36 HDR

スタジオに戻り
電気を消して、「おやすみなさい」 しました。

ありがとう! jivamukti yoga berlin!!!!

広告

tomo について

ジヴァムクティヨガ アドバンスティーチャー。 1980年生まれ。 韓国にて役者として活動していたころ、はじめてヨガを体験し、2006年ジュールス・フェブレとの出会いによって本格的にジヴァムクティヨガへの道へ。 以降、食生活だけではなく、ライフスタイルを完全に厳格な菜食主義に変えヨガの学びをさらに深く掘り下げていく。ジヴァムクティヨガの創設者、シャロン・ギャノン師とデービッド・ライフ師のもとで学び、2009年にジヴァムクティ・ティーチャートレーニングを卒業。毎年、数か月間をNYのシヴァムクティヨガセンターにて学び、数少ないシニアティーチャーであるルース師の教えの下でヨガの学びを追及し続けている。2011年にジヴァムクティヨガ アドバンスティチャーの認定を受け、現在は世界各地でヨガを指導。 日本人の父と韓国人の母をもち、幼少期より日本、韓国、アメリカで生活をした経験から3か国語を操り「ヨガ通訳」としても活躍。 海外の講師のワークショップをはじめ、ケンハラクマ、chamaなどの日本人講師の海外での活動もサポートしている。ヨガの普及を目的とした組織「Satsang Events」を立ち上げ、世界の講師のワークショップを企画・運営する活動も行う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中