再会は常に素晴らしい一日にしてくれます。

標準

ハロー、エブリバディ
ハウアーユー?アイム・ファイン、センキュー

素敵な一日送っていますか?

僕は素敵な朝を迎えており

一時間の瞑想、クラス、髭剃り、シャワー、ジャラ・ネティ、スートラ・ネティと
盛りだくさんの午前中を過ごしており、読書しております。

メールに返事しなくてはいけないのが多いのに。。。

まぁおいといて、
そんな時にはブログです。(意味不明)

なんと!2012年ジヴァTTにおいて自分のグループに居たヨハネス先生が
わざわざベルリンまで来てくれました!!
2013 02 20 17 39 25

美人な奥さんと共に!!!

彼はドイツのホテルでヨガを教えていて、
僕のグループの中で一番輝いていた生徒でした。
謙虚で、勉強熱心の彼はヨガの話をする時が一番楽しそうで
他の人への気遣いを忘れていませんでした。

TT後にシャロン先生に、グループで一番気になった人は誰だったの?と
聞かれた時に速攻でヨハネス先生の名前を言いました。

そんなヨハネス先生がベルリンに来てくれヴォク(ちょっとドイツ風w)のクラスを受けてくれました。
その後、彼は宿所に戻るとの事だったので、次の日にベトナム料理を食べにいきました。

2013 02 21 19 45 21 HDR

常にライスだったので今日はフォー!を食べました
HGじゃないですよ
フォーですよ フォー!

カレーに入ったきしめんみたいな麺が美味しかったです。

そんなこんなで約2時間ぐらい話しをしました。
ヨガの話とか、TTのバカ話をしたりして
あっという間にお別れの時間。

4月に自分がホテルに行くという約束をしてお別れをしました。

出会いと別れ。
常にこの2つで世の中が作られているようです。
全ての出会いと別れに感謝を!

広告

tomo について

ジヴァムクティヨガ アドバンスティーチャー。 1980年生まれ。 韓国にて役者として活動していたころ、はじめてヨガを体験し、2006年ジュールス・フェブレとの出会いによって本格的にジヴァムクティヨガへの道へ。 以降、食生活だけではなく、ライフスタイルを完全に厳格な菜食主義に変えヨガの学びをさらに深く掘り下げていく。ジヴァムクティヨガの創設者、シャロン・ギャノン師とデービッド・ライフ師のもとで学び、2009年にジヴァムクティ・ティーチャートレーニングを卒業。毎年、数か月間をNYのシヴァムクティヨガセンターにて学び、数少ないシニアティーチャーであるルース師の教えの下でヨガの学びを追及し続けている。2011年にジヴァムクティヨガ アドバンスティチャーの認定を受け、現在は世界各地でヨガを指導。 日本人の父と韓国人の母をもち、幼少期より日本、韓国、アメリカで生活をした経験から3か国語を操り「ヨガ通訳」としても活躍。 海外の講師のワークショップをはじめ、ケンハラクマ、chamaなどの日本人講師の海外での活動もサポートしている。ヨガの普及を目的とした組織「Satsang Events」を立ち上げ、世界の講師のワークショップを企画・運営する活動も行う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中