1/12 Yoga Of Sound – Nadam – と超オイシイご飯!

標準

朝、清掃の為に追い出されるまでスタジオで練習したり、
瞑想したりしていました。

どうしようか?と外で話していたら
今回ボストンまで招待してくれたブリストル先生と彼氏のジョンさんが丁度スタジオに
来てくれたので一緒にご飯を食べに行くことにしました。

Life Alive!!!
http://www.lifealive.com/

入り口でパシャリ!

旅先でこの様にご飯を食べれるのは嬉しいことです。はい。
ここマクロビをベースにした料理が多く、野菜を蒸してくれて
丼系にしてくれます。
これが本当においC!!!
やばい!

でも天邪鬼な自分は丼ではなく、うどんにしてしまいました。
なぜなら味噌うどん的な物がメニューにあり、それが僕を呼びかけていたのです!

これが本当に美味しい!!
他のメニューも試し食いしましたが
やばい!
メニュー制覇の為に再度戻りたい感じです。

ここはグラスを使わずにメイスンジャーを使います。

水もメイスンジャーで飲みます。
なんか可愛いですよね。

ごちそうさまでした!!!

その後スタジオに戻り
セットアップ!

DJ Jasonセットアップ中
自分は遠目で見ているだけです。

こういう時には結構ぼーっとしています。
クラス前に集中する先生とかもいますが、
結構ぼーっとしてますw

クラスが始まり、予定時間よりちょっとだけオーバーしてしまいましたが
それでも楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうので切ないです。

ジェイソンも歌ったり

自分も歌ったりして 幸せな時間でした。

この様に先生方から学んだ事をわかちあう事ができるって
本当に嬉しいことです。
今回のクラステーマは音とヨガ。
ライブDJ、ドラム、その他もろもろ
自分も教えていて、演奏して楽しかったです!

老後の楽しみに一枚!?

皆いい笑顔です。
ありがとうボストンの生徒さんたち!

そのインド料理を食べに行きましたー

巾着サモサ!

カレーその1

カレーその2

ご飯

盛りつけてみました。

そんな感じでボストン編は終了です。
本当に楽しかったです。
又行きたいなーとか思っています。

こんなかんじで、いつか皆様の街に遊びに行けたら嬉しいなとか思っています

広告

tomo について

ジヴァムクティヨガ アドバンスティーチャー。 1980年生まれ。 韓国にて役者として活動していたころ、はじめてヨガを体験し、2006年ジュールス・フェブレとの出会いによって本格的にジヴァムクティヨガへの道へ。 以降、食生活だけではなく、ライフスタイルを完全に厳格な菜食主義に変えヨガの学びをさらに深く掘り下げていく。ジヴァムクティヨガの創設者、シャロン・ギャノン師とデービッド・ライフ師のもとで学び、2009年にジヴァムクティ・ティーチャートレーニングを卒業。毎年、数か月間をNYのシヴァムクティヨガセンターにて学び、数少ないシニアティーチャーであるルース師の教えの下でヨガの学びを追及し続けている。2011年にジヴァムクティヨガ アドバンスティチャーの認定を受け、現在は世界各地でヨガを指導。 日本人の父と韓国人の母をもち、幼少期より日本、韓国、アメリカで生活をした経験から3か国語を操り「ヨガ通訳」としても活躍。 海外の講師のワークショップをはじめ、ケンハラクマ、chamaなどの日本人講師の海外での活動もサポートしている。ヨガの普及を目的とした組織「Satsang Events」を立ち上げ、世界の講師のワークショップを企画・運営する活動も行う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中