台湾から日本へ

標準

チャオヅーが好きなtomoです

まず朝5時起きで準備をして
7:15に知人にピックアップしてもらい
包子を購入し
空港へ!

おばちゃんとおじちゃんが また来てねーとの言葉に
涙は流してませんが嬉しかったです。

空港について
チェックインを済ましてラウンジに向かう前に
点心屋さんが。。。

覗いてみると素の文字とメニューにて
緑色に光ってる部分が。
オーダーしてしまいました。

朝食セットになっていて 普通に餃子を単品で頼むと
200元になるのが
玄米スープ付きで150元。
美味しくいただきました!!!

そしてラウンジに入って
食べれるものがあるかチェック!

ありました~
ベジ包子!

ジャズミン茶と一緒に優雅に仕事モード入ってます

そして少ししたら小腹が空いたので

ベジヌードルを!

ラー油を入れたらそれが気管に入ってしまい大変でした。

飛行機の中では

エリンギの醤油煮みたいなのにライスと
パン、果物、生姜と海藻のサラダとこんな感じでした。

うーん。台湾の食事は美味しいなー
また食べにくるぜ!
ビバ・台湾!

広告

tomo について

ジヴァムクティヨガ アドバンスティーチャー。 1980年生まれ。 韓国にて役者として活動していたころ、はじめてヨガを体験し、2006年ジュールス・フェブレとの出会いによって本格的にジヴァムクティヨガへの道へ。 以降、食生活だけではなく、ライフスタイルを完全に厳格な菜食主義に変えヨガの学びをさらに深く掘り下げていく。ジヴァムクティヨガの創設者、シャロン・ギャノン師とデービッド・ライフ師のもとで学び、2009年にジヴァムクティ・ティーチャートレーニングを卒業。毎年、数か月間をNYのシヴァムクティヨガセンターにて学び、数少ないシニアティーチャーであるルース師の教えの下でヨガの学びを追及し続けている。2011年にジヴァムクティヨガ アドバンスティチャーの認定を受け、現在は世界各地でヨガを指導。 日本人の父と韓国人の母をもち、幼少期より日本、韓国、アメリカで生活をした経験から3か国語を操り「ヨガ通訳」としても活躍。 海外の講師のワークショップをはじめ、ケンハラクマ、chamaなどの日本人講師の海外での活動もサポートしている。ヨガの普及を目的とした組織「Satsang Events」を立ち上げ、世界の講師のワークショップを企画・運営する活動も行う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中