寄付金について。

標準

長らくおまたせしました。
寄付は先月に殆ど送られたのですが感謝状や
領収書をアップするのが遅れてしまいました

まず、この場を借りて、このような機会を作ってくれた皆様に感謝の気持ちを述べたいと思います。

今回のツアーを行う際に場所や宣伝を手伝ってくれたスタジオオーナーの皆様方、オーガナイザーの方々、クラスに参加してくれた皆様、サポートしてくれた方々、そして僕の先生達へ。

ありがとうございます。

皆様なくしてこの様なアクションは起せなかったと思います。
誰かに変えてもらうのではなく、自ら美しい場所に変える。
皆様がクラスに参加したり、寄付したりして、たまたまアウトプットが自分を通して
でしたが、本当は皆様が主役で、皆様の美しい行いなんです。

愛と感謝を全ての方々へ。
om shanti. 

上記の領収書は広島のユウ先生がオーガナイズしてくれたイベントの寄付金です。
彼女は広島でヨギックアーツを教えていて、動物達をこよなく愛する方です。
今度彼女のWSがあるみたいなのでチェックしてみてください。


上記の領収書は宮崎の永田様がオーガナイズしてくれたイベントから3箇所に分けて
振り込みました。
彼女は僕の俳優時代からの知り合いで今回も
イベント成功のために家族ぐるみで色々してくれました。
ありがとうございます。

実際に寄付金の殆どはこの2箇所に参加された皆様がしてくれたのですが
広島と宮崎へ来るための交通費や宿泊費等は僕は一切頂いておらず
関西ツアーのフィーで全て賄いましたので
ここまでできたのも関西組の皆様のおかげです。

なので間接的に関西組の方々もこの寄付に参加しているのです。
本当にありがとうございます。

まだ一箇所振り込む場所があるのですがそれはまた後ほどにでもー
ではではー

広告

tomo について

ジヴァムクティヨガ アドバンスティーチャー。 1980年生まれ。 韓国にて役者として活動していたころ、はじめてヨガを体験し、2006年ジュールス・フェブレとの出会いによって本格的にジヴァムクティヨガへの道へ。 以降、食生活だけではなく、ライフスタイルを完全に厳格な菜食主義に変えヨガの学びをさらに深く掘り下げていく。ジヴァムクティヨガの創設者、シャロン・ギャノン師とデービッド・ライフ師のもとで学び、2009年にジヴァムクティ・ティーチャートレーニングを卒業。毎年、数か月間をNYのシヴァムクティヨガセンターにて学び、数少ないシニアティーチャーであるルース師の教えの下でヨガの学びを追及し続けている。2011年にジヴァムクティヨガ アドバンスティチャーの認定を受け、現在は世界各地でヨガを指導。 日本人の父と韓国人の母をもち、幼少期より日本、韓国、アメリカで生活をした経験から3か国語を操り「ヨガ通訳」としても活躍。 海外の講師のワークショップをはじめ、ケンハラクマ、chamaなどの日本人講師の海外での活動もサポートしている。ヨガの普及を目的とした組織「Satsang Events」を立ち上げ、世界の講師のワークショップを企画・運営する活動も行う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中